Top > 便秘 > 妊娠中の便秘は増加する黄体ホルモンの働きが関係している

妊娠中の便秘は増加する黄体ホルモンの働きが関係している

妊娠するとよく便秘になります。

増加する黄体ホルモンの働きで腸の運動が抑制されることや、でかくなっていく子宮により腸が押しやられ、働きが十分にできなくなるためにそうなりやすいそうです。

親になることの心配をしてしまうなどメンタルな要素も影響します。

 

 

 

体を動かす時間が減っていくことも便秘を招く要因になります。女性は必ず生理を経験するため、妊娠を別にしても、かなりの数の人が貧血です。

 

 

妊娠中に限定すると、貧血との診断が下りる人の割合は30~40%にもなります。

妊婦についてはお腹の赤ちゃんが自分で血液をつくるのにママの体から鉄分を盛んに摂取します。そのようなわけで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。こうした状態は鉄欠乏性貧血と付けられています。

妊娠の後半で起きやすくなります。

 

 

身ごもったからといって普段とは異なる食事を摂る必要はありません。即席で出来るものや市販のものばかり購入するのではなく人工的な添加物がなるだけ少ない食材でつくる自家製の食事で済ませるようにしたいですね。

 

 

そうはいうものの調理する気力のないときはあると思います。その際は市販の調理した食品も上手く活用してストレスをためない食事の習慣をつくりましょう。

なお、通常の食事よりカルシウムやビタミンなどをしっかりと補給するよう気をつけましょう。貧血ではママ側の心臓がしんどくなり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。

時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。疲労感がひどくて、体も重かったり、元気のない顔色にもなってしまいます。

 

 

 

母親の貧血があっても直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。とはいっても、貧血の期間が長期に及ぶと、胎児の健康な生育に悪影響が及ぶかもしれません。

 

加えて母親自身の健康面もリスクを負います。

 

 

 

一生懸命になっているときは、つわりが軽減されるかもしれません。

OLなら、働いているときは症状を緩和できます。

 

そしてカラオケをしたり、楽しくおしゃべりすることなどは、その時間はつらさも薄れるかもしれません。

 

 

 

外出することは気持ちの切り替えに役立ちます。人混みが少ない場所で平穏に過ごすと落ち着きます。

 

 

 

繰り返し吐く場合は、体内水分が不足してしまうことがあります。水分を摂るようにして下さい。ごくごく飲むのが無理なら、少しずつでも補給してください。

スッキリ感のあるレモン風味などの味のドリンクならスッと入ると思います。赤ちゃんを宿したら前よりも1時間は睡眠時間を増やしてください。できるときは昼寝もしましょう。

 

便秘では腹痛を感じたり、気分が悪くなったり、屁が出ることもあります。

 

それに便秘だけでなく、悪阻も起きると何も食べれなくなります。加えて、お通じの悪さから痔になるケースも多いですから、快調な排便習慣を取り戻しましょう。

 

 

 

便秘予防には、便意が起きたらトイレに行くことです。

決めた時間になったらとりあえずトイレに行くような日課を守るといいでしょう。妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで気分の悪化を経験する場合が少なくありません。手の届くところに煎餅などお菓子を設置しておき、起床前に軽く口にするなら吐きそうになるのも楽になります。

 

 

 

日中も腹減りが続くのに注意して頃合いをみて間食するのがおすすめです。

 

 

そしてコッテリ系や匂いのキツイものは気持ち悪くなってもサッパリ系やスッパ系は結構いけることが多いです。妊婦の青汁は無添加であるべき理由

 

便秘

関連エントリー
妊娠中の便秘は増加する黄体ホルモンの働きが関係している