Top > 糖尿病 > 糖尿病になりやすいかどうかが決まる食習慣

糖尿病になりやすいかどうかが決まる食習慣

食事から摂取した油分は、脂肪酸に小腸で分解されると、肝臓に運ばれていきます。ただ、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に運ばれる脂肪酸が増加すると、今度は肝臓で脂肪酸から作られた中性脂肪が徐々に肝臓に溜まっていきます。

肝臓に含まれている一般的な脂肪は5%弱ですが、その脂肪が5%より多い場合は脂肪肝とされます。

運動したり体を活動させるためにはエネルギーを必要としますが、筋肉は血液中の糖を利用してエネルギーに変換します。

ゆえに運動することは血糖値をさげる役割を果たします。逆に、運動不足になるとエネルギーの消費が少なくなり毎回エネルギーがあまりインスリンの作られる量も増えるため膵臓は疲弊してダウンしてしまいます。

 

血糖値を制御するのに良い役目を果たすのは食物繊維です。

 

食物の中にある糖は胃腸の壁から消化吸収されて血液中に取り入れられていきますが、食物繊維が糖にまとわりついて吸収に時間をかけて、排便とともに糖も体外へ出すよう補助する働きがあるため、血糖値が急激に上がるのを防いでくれるのです。

 

食器のサイズを小さめに変えて料理を盛ると、少なめの量でもボリュームがあるように見えます。

 

 

逆に、大きめの器に盛りつけると、食品の量を増やさないと満足できなくなるので気を付けてみましょう。肉や魚などを料理する時には、できるだけ油の使用を控えましょう。オーブンでグリルしたり、茹でたり、ふかし器を使って蒸してみるのも良いでしょう。

糖尿病は遺伝すると周知されていますが、そうとは限りません。今までの生活習慣による後天的な影響で将来、糖尿病になりやすいかどうかが決まるという症例が多くあります。

わかりやすく言うと濃い味を好んで食べていると、同じ分量でも普通の味付けよりも過剰なエネルギをとることになってしまいます。

 

この食習慣を繰り返すことが問題になります。

 

外食をする場合には糖質が多く含まれている麺類や丼ものなどは避け、さっぱりしている和定食から選ぶようにしましょう。

 

また、付き合いの席でお酒を口にしなくてはならない時があるかもしれません。そういった場合には、カロリーオフ、糖質ゼロのものなどから選ぶようにし、飲む量に注意しましょう。ダイエットをしている時でも、肉や魚・大豆製品など低脂肪高タンパクを心がけた、必要な栄養がバランスよく含まれている食事を維持しましょう。またキノコや野菜などの食物繊維が豊富な食物は糖質の吸収をおだやかにするなどの効果が期待できます。さらにショウガ・にんにく・とうがらしなどは新陳代謝を向上させ、一度はついてしまった脂肪の燃焼を増やします。若い人は体をよく使い代謝もいいのでカロリーが高いものをよく食べていてもカロリーを消費できます。

 

しかしながら舌の好みは何歳になってもかわらない傾向にあり中高年以降も若いころと同じ好みで食事を続けていると、肥満化したのちに糖尿病を呼び寄せる悲劇が起こります。糖尿病 予防 サプリ

 

糖尿病

関連エントリー
糖尿病になりやすいかどうかが決まる食習慣中高年以降も若いころと同じ好みで食べていると糖尿病を呼び寄せる