Top > 育児 > 子どもの普段よく食べているものが発育の状態に影響する事実

子どもの普段よく食べているものが発育の状態に影響する事実

食べ物は小児の発育を支えているものです。食物の栄養に秘められた力は、考えようによっては薬の効果をしのぎます。子どもの普段よく食しているものが発育の状態にも小さくない影響があります。

 

近くの大人たち、特に両親は、その重要性を自覚しておくことが大事です。

 

 

 

食物は病気にならない体をつくるのに強い効力を発揮しますし、脳や神経の発達面でも肝要です。

 

 

野菜に豊富なビタミン類は、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、身体の生理作用がスムーズにいくようサポートするなどの役目があります。

体内の細胞のひとつひとつに力を付与し、免疫システムを強化するために、かなり重要なのです。ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルやプルーンやブドウなどの果物を通して摂取できるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸が多く含まれます。

特にDHAの役割は見逃せません。この成分は子供の脳の発育に有効であるという研究報告のある栄養素です。海藻にこれほどの栄養素が含有されるのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。

 

海藻を使ったヘルシーメニューを毎日摂取して、海洋のエネルギーを体に取り込みましょう。

成長の時期にある小児はしっかりと栄養の摂れる食物を美味しく食べられることが重要です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、元来、人が備えるべき滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。

これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、子ども自身の欲している容量の感覚としてつかむよう教えていますが、いい方法だと思います。海藻はまるで野菜のようにビタミン・ミネラルなどの健康に効果のある栄養を豊富に蓄積しています。また白血球の働きを強め、有効成分がなどガンを含む生活習慣病を防ぎ、免疫を高めるのにうってつけの食べ物です。海藻に含有される食物繊維は水に溶けやすい性質があります。腸に棲む善玉菌をたくさん増やし、大腸の働きを活発にして、ビタミンB群の生合成にもふかく関わってくることなど宝のような存在なのです。最近の子というのは背丈がスーッと高くて手足もギュンと長くなっており、以前よりずっとスタイルがいいです。

これというのもコメを主とする和的な食習慣から肉などをよく食べる欧米食に生活がチェンジしてきたためです。

一方では、心筋梗塞や糖尿病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。より気にかかるのは子どもたちのメタボや生活習慣病も数が上昇していっている点です。

 

多くの野菜にはたくさんのミネラルが含有されます。

 

ミネラルというのは体の構成元素であるとともに、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、活力の生産など体の生命現象をちょうどよく維持する効果をもちます。また野菜類はお通じを良くし、腸内環境を良好にしてくれる食物繊維が多く含まれているのです。

この種のものは体の中では生産できませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。子どもらの脳みそはほんの3,4歳で大人の脳の85%程度にまで発達します。

以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、まるで筋トレで筋肉が増強されるかのように、知的トレーニングを行うことで向上していきます。栄養摂取においてはカルシウムやビタミンB1が脳が十分に回転するのに欠かせない栄養です。DHA サプリ 子供

さらには話題の成分であるDHA・EPAというのは脳内で情報の伝わり方を促進するように働きかけることが多く研究でわかりました。

育児

関連エントリー
子どもの普段よく食べているものが発育の状態に影響する事実